廃車リサイクル

廃車の手続き

今では自動車リサイクル法で定められた法律により、業者が廃車ひきとりを行ってリサイクルしています。では、廃車の手続きを行う際に、方法は2つほどあります。その2つと「所有権」について説明します。

「永久抹消」と「一時抹消」

廃車手続きには、「永久抹消」と「一時抹消」の2つの方法があり、どちらかを選びます。

まず、「永久抹消」とは文字通り、その車を2度と使えないようにする事を言います。普通の廃車のイメージはこちら側になると思います。そして実際、こちらの手続きが一般的のようです。永久抹消の手続きをすると、その自動車には2度と乗ることができなくなります。車を乗り換えるけど、今の車はボロボロになっていて、買い手が見つからない時や自動車事故で、車が使えなくなったときは、この手続きを行いましょう。

次に「一時抹消」ですが、こちらは少し特殊なケースなのです。車検が切れて乗れなくなっている場合や海外留学、出張などでしばらく車を使用することが無い場合には、自動車を持っていても、税金ばかり取られるだけになります。そこで、一定に期間乗らないのでしたら、一時抹消を行っておくのがいいと思います。もう一度乗る場合には、陸運事務所にて中古新規登録の手続きをしないといけません。例え、乗らなくても、使うことすらできない場合にも、これらの廃車手続きをしない限り、税金はかかり続けます。

また、廃車登録をすると、ナンバープレートを外すことになりますが、自分でできない場合には、業者に頼むようにしましょう。「一時抹消」の場合には、その後も乗ることも考えられますので、傷付けないようにとお願いしましょう。普通は傷つけることはないのですが、ナンバープレートを外すことは廃車です。廃車と言えば、先ほども言ったように、「永久抹消」のイメージが強いので、傷つけても問題ないと思い、少し荒っぽくされる可能性もないとは言い切れないと思います。

所有権

廃車の種類が分かったら、早速廃車登録しようといいたい所ですが、その前に「車の所有権」を調べてみましょう。自動車の所有権は、基本的にあなたにあるのですが、ローンによる購入の場合には、ローン会社か自動車屋などにあるのです。自分に所有権があれば、捨てるにしろ、売るにしろ自由なのですが、しかし、ローンによって購入したために、自分に自動車の所有権がない場合には、勝手に売ったり、捨てたりはできなくなっています。

この状態では廃車にすることはできません。もし、この状態で廃車という事にしてしまうと、勝手に人の自動車を廃車にしてしまったという事になってしまうからです。こういったことを避けるために、自動車を廃車にする場合には、自動車の所有権を確認しましょう。

自動車の所有権の確認の仕方はとっても簡単で、あなたの自動車の車検証を見ればいいのです。所有者の欄にあなたの名前が書いてあれば、その自動車はあなたの自動車となります。つまり、今すぐに廃車にすることができます。所有者が異なっていたら、その所有者に連絡をして、所有権を譲ってもらうか、解除するようにお願いしましょう。もしくは、廃車の許可をもらうか、廃車にしてもらう事になると思います。

この辺りには、「所有権」という法律が関わってくるので、きっちりとした整理を行って置くことをオススメします。ここで、きっちりとした整理を怠ると、後々、面倒なことにもなりかねませんので、注意しましょう。「廃車の手続きする前に、所有権の確認」と覚えておきましょう。

おすすめWEBサイト 5選

カコトリミングスクールの評判
http://www.shingakunavi.ne.jp/スクール-進学/カコトリミングスクール/評判-口コミ/卒業生/

Last update:2017/2/16

ご意見とご感想 † リンク集 † サイトマップ